肥満犬の体重管理におすすめのドッグフードの与え方

肥満犬ドッグフードおすすめ

犬に限って言えば、犬が勝手に好き好んで太るというわけがなく、犬が太ってしまうのは100%飼い主の責任です。

毎日ドッグフードを与えすぎていたり、愛犬からおかわりをせがまれると、どうしてもかわいくておかわりのドッグフードやおやつを与えてしまう飼い主の甘さが、愛犬の肥満の原因です。

人間と同じで、犬の肥満も万病の原因になります。

  • 体重を支えきれずに手足の関節炎や椎間板ヘルニアになります。
  • 大きくなった体に血液を循環させないといけないので心臓に負担がかかるようになります。
  • 器官の周りに脂肪がつくので、呼吸がしづらくなる可能性が出てきます。
  • 栄養過多で肝臓に負担がかかり、肝機能が低下していきます。
  • 全身の免疫力が徐々に低下してきく皮膚炎をおこしたり体調を崩しやすくなります。

ざっと挙げただけでも、犬の肥満にはこれらの大きなリスクが伴うのです。

避妊手術や去勢手術などをしている犬は余計にホルモンバランスが崩れやすいので、特に最近の愛犬は何もしなくても太りやすい傾向にあるのです。

肥満犬はいますぐダイエットを開始することをおすすめします!

犬はもともと走る事が得意な体の構造になっているため、ダイエットのために犬も走ったりすれば良い、運動すればよい、という人間の発想とは違っていきます。

少し運動したり、走ったりしたくらいでは体重は減りませんし、カロリーを消費できないのです。

肥満犬が運動を積極的にすることはもちろん大切ですが、それは日々の散歩を少し長めにするくらいでちょうどよくて、長時間散歩したところであまりダイエット効果はないですし、逆に長時間の運動は肥満犬にとっては四肢への負担をかけてしまったり、心肺系への負担をかけてしまう事になるので、あまりおすすめされていないのです。

ドッグフードの量を減らすことをおすすめします。

では、肥満犬のダイエットのためにはどうすればよいのかというと、単純に毎日食べているドッグフードの量を減らす事をおすすめします。

もちろん、おやつは禁止です。

人間と同じでいきなりドッグフードの量を減らしてしまうと、不満をぶつけるようになる犬も中にはいるので、少しづつ量を減らしていくことがおすすめです。

そのような場合は、例えばドッグフードの量はしっかり減らしつつも、低カロリー食材のレタスや大根やこんにゃくなどを混ぜて与えると良いですね。

このあたりも人間と同じです。

あるいは、ダイエット用のドッグフードを与えるのも良いでしょう。普段から安い高カロリーのドッグフードを与えているのであれば、ダイエットに向いている、低カロリー高たんぱくのドッグフードに徐々に切り替えていく事も効果的です。

例えばこの馬肉量の多いドッグフードなどはダイエットにおすすめです。


結局日々食べているもの、飲んでいるものが体を作っていくのは犬も人間も同じで、その積み重ねで健康状態やどれだけ生きられるかも変わってきます。

大切な家族の一員である愛犬だからこそ、肥満は早期に解消してあげたいものですね!

コメントを残す