犬が猫の餌しか食べない時の対処法

犬猫の餌しか食べない

自宅で飼っている愛犬が与えたドッグフードをなかなか食べてくれず、一緒に飼っている猫の餌(キャットフード)しか食べないというケースはたまに見られます。

あるいは、犬と猫を一緒に飼っていて、猫の食べ残しの方を好んで食べるという犬も中にはいます。

これは問題です。なぜなら、キャットフードはドッグフードに比べてたんぱく質が多く含まれているからです。

犬と猫では成長のために必要になる栄養素が違っています。

もともと犬は雑食性で猫は肉食性のため、猫の餌には犬の餌よりも多くのたんぱく質が含まれています。ほとんどのドッグフード、キャットフードを比較するとそうなっています。

さらに、猫は成長に必要なタウリンやビタミンAを自分の体内で作る事ができないので、キャットフードから摂取するしかないのですが、キャットフードはドッグフードに比べて高たんぱく高カロリー、さらに塩分もたくさん含まれていて、猫のためのタウリンがたくさん含まれています。

ですから、犬からしてみれば猫のキャットフードの方がドッグフードよりも味が濃くておいしく感じられるかもしれませんから、犬の食欲を刺激してしまい、猫の餌しか食べなくなってしまうのです。

しかし、犬が猫の餌しかたべない事が日常化してしまうと、カロリー過多で肥満犬になってしまいますし、塩分の過剰摂取で内臓負担が大きくなり、腎臓疾患、胃腸疾患、肝疾患などの病気の原因になってしまいます。

ですから、「ドッグフードもキャットフードもたいして変わらないだろう」と安易に考えて、飼い犬にキャットフードを与え続けてはいけないのです。

犬が猫の餌しか食べない場合はどう対策すればいいの?

そんなときは、食いつきが良いドッグフードに変えるというのが効果的です。

本来、ドッグフードは食いつきが良ければ良いドッグフードというわけではないのですが、猫の餌しか食べない犬への対処法としては有効でしょう。

例えば下記のような、食いつきが良く、犬の健康面や栄養面でも優れているドッグフードに切り替えるというのも1つの方法です。



あとは、ドッグフード自体はそのままで、少しぬるま湯でふやかして臭いと質感を変えてからドッグフードを与えると食べる場合もあります。

だし汁やチキンスープをドッグフードの上からかけてあげる事で、より香りが強くなって嗜好性が良くなり、食いつきがよくなるという事もありますので、ぜひ試してみて下さい。


コメントを残す